カードローン

カードローンで即日融資してもらうには具体的にどうすればいいのでしょうか?という質問がよくきます。
といっても、ただ借りるという意味ではありません。

ただ借りるのであればカードローンに関する質問などはせずに、プロミスなどの公式サイトに書かれている事をちょっとみてただ申し込めばいいだけです。
こんな質問はしませんよね。

私によく来る質問は、(できるだけ上手に)カードローンで即日融資を(できるだけたくさん)借りて(できるだけ楽に)返済するにはどうすればいいのか?という質問です。

その質問の答えはずばり「勝利への逆算方式」に隠されています。

勝利への逆算方式という言葉をご存知でしょうか。
いつどのような勝利を得るつもりなのかがハッキリしていれば、今どのようなことをしなければならないかがハッキリするという考え方です。
もしカードローンで即日融資をしてもらいたいと考えるのなら、即日で融資してもらうには自分がどうすればいいのか考えてみましょう。
この考え方を用いれば、いつカードローンに申し込めば即日で融資してもらえるかが自ずとわかってきます。
まず考えなければならないことがあります。
それは、自分が融資してもらうお金を口座に振り込んでもらいたいの、かそれともATMで引出したいのかです。
融資してもらう方法としてはこの2つが考えられます。
この口座への振込かATMでの引出しかで、その日に融資してもらえるかどうかが違ってきます。
振込融資の場合、ネットバンクで即反映されるところを除いて、考えなければならないのが銀行の営業時間です。
銀行の営業時間を過ぎてしまえば振込してもらうことはできません。
それと、土・日、それから祝日の振込も無理です。
ATMで引出すという場合は営業時間を考える必要がありません。
なぜならほとんどの場合ATMは24時間営業だからです。
つまりその日のうちに契約をすることができれば、その日にカード発行をしてもらいATMで引出すことができます。
融資がスピーディーになったといっても、踏まなければならない手順というものが必ずあるものです。
申込んだら、審査、在籍確認、契約という流れになります。
この手順を踏むことを考えれば、いつどのように申込めば即日融資してもらえるかがわかるでしょう。
振込希望なら平日、銀行なら15:00、消費者金融なら14:00くらいまでに契約が完了していなければなりません。
ATMで引出したいという場合は、その金融機関によって違ってきます。
その金融機関が自社で審査をしているのか、それとも外部に審査を依頼しているのかでも違ってくるでしょう。
消費者金融の審査が早いのは自社で審査をやっているからです。
もし高額の融資を希望するとなると与信額という問題が出てきます。
普通より丁寧な審査が必要になるでしょう。
審査ができるだけスムーズに行くように、免許証や収入証明など必要なものはすべてそろえておいてください。
免許証や収入証明も、アップロードやメールでの添付で良ければ即日融資ができます。
ですが、郵送しなければならないのならその時点で即日融資はアウトです。
これらのことを総合して考えると、振込ならカードローンの申し込みは平日12:00くらい、ATMで引出しなら15:00くらいまでに申し込みましょう。

さて、そんなカードローンですが、無職でもかりれるのでしょうか?

ひきこもりでもでお借りれるのでしょうか?

mushoku1

結論から言うと、借りることはできません。

融資を受けたい方は、まずは働いてください。無職なのにカードローンをくもうなんてわけのわからない事を考えないでください。

mushoku2

追記アドバイス

カードローンについて、たくさんのサイトがありますよね。ああいうのを1つにまとめて、分かりやすく手順を踏んで、初心者でもわかりやすく、また中級者以上にもそれにみった知識を提供しているサイトがあります。
カードローンについて分かりやすいので、私が勧めるサイトはこちらです⇒カードローン
このサイトは、分かりやすくまとめられています。カードローンのリスクをきちんと説明していますし、むやみやたらにカードローンを勧めるだけのくだらないサイトではありません。
当サイト以外で、何かを参考するのであればこのサイトをお勧めします。


おまとめローンについて

カードローンの業者を選ぶときのポイントのひとつおまとめローンについて説明します。
業者を選ぶポイントは金利、融資限度額、審査時間、保証人・担保、おまとめ、所得証明書、総量規制、パート・アルバイト、審査シミュレーション、返済シミュレーション、ネットとの親和性、繰り上げ返済、貸出・返済対応時間など多岐にわたります。
カードローンの会社によって一長一短がありますので、一つに絞ることなく複数お付き合いする業者があると便利です。
しかし、あまりにもたくさん業者の業者と契約をすると多重債務に陥るケースがあります。
複数の銀行や消費者金融(サラ金)などからお金を借りることを多重債務といいますが、返済日もまちまちだし、それぞれの業者に返さないといけないので管理をするのが大変です。
mushoku4一社ごとの返済額は小さくても例えばA社に2万円、B社に3万円、C社に3万円、D社に2万円返済となると月に10万円の返済になります。
これでも元本が減ればいいのですが、利子分しか返していないというケースも散見されます。
返済をしたと思えばすぐに返済分を借り入れてしまい他社の返済に回す自転車操業ともなれば近いうちに自己破産という状態に陥ること必至となります。
そこで助かるのがおまとめローンです。
複数の銀行や消費者金融から借りたお金をおまとめローンから借りたお金で一括して返済し、借り入れを一社に絞ってしまいます。
借り入れ金利を低めに抑えれば複数社に返済するよりも楽になります。
多重債務からは解放され返済日も一本化できるので借金の管理も簡単になります。
返済シミュレーション機能がついていたらさらに便利です。
月々の返済額はいくらか、元本と利子の関係は?、いったいいつになったら返済が終わるのかが一目で分かるので上手に利用しましょう。
おまとめや借り換えで少しでも金利の低いところにローンを換えてしまうのが賢い方法です。
特に消費者金融系は利子が15~18%と高めなので、10%未満の金利のところに借り換えることができたらかなり楽になるでしょう。
このようなおまとめローンのサービスを提供している会社もあるので良く探しておきましょう。
最後におまとめローンの注意点について説明します。
おまとめローンはサラ金で借りるよりも金利が低めになっているので助かりますが、借金が消えてなくなるわけではありません。
一回の返済額は減り、返済日も一つに絞られますが、返済期間は長くなりトータルの返済額も大きくなるのが特徴です。
このことを頭に入れて、少しでもお金ができたら繰り上げ返済に回して元本を減らすようにしましょう。
最後にローンは計画的に行い、収支のバランスを考えて行うことが大切です。
カードローンの借入可能額が大きくなると気が大きくなり、お金の管理がおろそかになりがちですが、使える金額が増えるほど慎重にした方がいいでしょう。
私は借入可能額だけは800万以上ありますが、それはあくまで非常用で普段は一回の給料で返せる額の範囲で借り入れるようにしています。


カードローンと総量規制の借入額

カードローンから年収の3分の1以上の借り入れをしている方もおります。
現在は総量規制の適用となるため、消費者金融からは年収の3分の1までしか借りることはできません。
しかし、総量規制が本格的に始まったのは2010年のことですので、それ以前から借りている方の場合は、年収と同じくらいの金額をすでに借りているケースも多いです。
この場合は、そのままの状態で契約継続となりますから、3分の1以下になるまで返済する必要はないのです。
あくまで総量規制適用後に新規契約する方が対象となるわけです。
3分の1の規定については、すべてのカードローンを合算して考えるので注意してください。
これには、キャッシングやフリーローンなどの多目的ローンも含まれておりますので、現時点において3分の1に達しているならば、新たに借りることはできないのです。
総量規制が対象とならないカードローンには、銀行や信用金庫のローンがあります。
年収の3分の1超の融資を受けることが可能ですが、だからといって高額融資を受けられるとは限りません。
金融機関側は「利用者が問題なく返済していけるか」を考慮しますから、返済が厳しいと判断すれば、たとえ年収の5分の1でも借りることはできないのです。
現在の生活が経済的に逼迫しており、ローン返済目的で借り入れる場合は、ほとんどの金融機関は融資をしてくれません。
総量規制は住宅や自動車の購入、教育費など、目的が決まっているローンの場合は適用とはなりません。
あくまでも多目的の少額ローン(カードローン、キャッシング、フリーローン)に対して適用となるものです。
そのため、住宅ローンから1,000万円の借り入れがあっても、これらの少額ローンの利用は可能となるのです。
総量規制はクレジットカードでの決済には適用外となりますが、クレジットカードでキャッシングを利用する場合は適用となります。
近年のクレジットカードには、キャッシング機能が付帯されたものが増えており、利用者は知らないけど実は利用できたというケースが多いのです。
業者側に連絡してみて、初めて利用できると分かった方もいるそうです。
消費者金融などの貸金業者は総量規制を厳守して貸し出す義務があります。
違反すると行政処分の対象となりますから、普通の業者は厳守しております。
そのため、「他社で断られても大丈夫」などと甘い宣伝をしてくる業者は悪徳だと分かるはずです。
貸金業登録をしている時点で総量規制を厳守する義務が生まれますから、ホームページに名前が掲載されているような業者は、こうした宣伝は行いません。
総量規制も利息制限法も守らないで融資するのは、すべてヤミ金になります。
ホームページでも住所の記載がなく、携帯番号しか記入していない怪しい業者が見られますが、こうした業者からは借りないことです。
カードローンを利用するときは、銀行、大手貸金業者以外からは借りないようにしましょう。


カードローンの仕組み・特徴を説明します

まず、カードローンの仕組みですが、消費者金融・銀行などいった数多くの金融機関の、金融商品として提供されてるものです。
これは、借り入れをする場合には担保が不要であり、至急お金が必要となった時・月末近くに給料日までお金が足りなくなった、という時などに利用すると非常に便利な金融商品ですから、現在は人気が上がって来てます。
そして、融資を受けたい金融業者へ利用申請すると、業者では自社の審査基準から審査を行い、信頼性・返済能力を認められた場合、融資が受けられる運びとなるのです。
この、利用申請者の返済能力というのは、各人の収入・借り入れ状況などから判断され、どれくらいまでならば融資可能か審査されるケースが多いといいます。
mushoku3それから、カードローンの融資では、ショッピング枠の設定されてるクレジットカードのように、利用できる上限額が設定されてるのです。
融資限度額の範囲内であれば、その金融業者の提携してる銀行・消費者金融・コンビニエンスストアのATMから、現金を引き出すことができるようになってます。
それに、ローン用のカードを発行されただけでは、融資を受けたこととはなりません。
ですから、金利・利息などの支払いはしなくていいのです。
カードを使い、融資・借り入れを行った時のみ、返済・利息を支払う義務が発生します。
融資を受けた場合、利用申請した時に設定された返済方法を使い、返済期限とされる毎月の日にちまでにキチンと、返済責任を果たさなければなりません。
この、返済方法は金融業者によって、いろいろな手段があります。
それは、月々の最低返済額を設定してるもの・毎月決まった金額の返済をするものと、様々な形態があるのです。
その、現金の返済をする場合、金融業者の窓口へ直に持って行く・提携してる企業のATMを利用して支払うなどと、どちらを選んでも差し支えありません。
さて、次は特徴ですが、融資を受けたお金が自由に使える、これが大きな特徴となります。
他の一般的なローンだと、利用目的が最初に決められてるのです。
だから、非常時の資金確保のために、契約を交わしておくという利用方法もあります。
マイカーローン・マイホームローンなどとは、根本的に違うのです。
また、このローンの大きな特徴となるのは、担保を用意しなくていいという点でしょう。
しかし、その利点の反面として、金利が他の金融商品よりも高目に設定されてます。
これは、担保を取らない危険性の、リスク回避手段となってるのです。
金融業者にとっては、この方法で身を守るしか方法がありません。
次に、銀行系のものを利用する場合、これまでにマイカーローン・マイホームローンなどの取引実績がある場合、金利が優遇されるケースがあります。
キチンと返済を怠らなければ、このような特典も受けられるのです。
尚、銀行系へ利用申請する場合、口座がある・取引実績のある場合は、審査書類が要らなくなるケースもあります。

カードローンはきちんと返さないと、のちのちのマイホーム購入時等に悪影響が出ます。

即日融資だからと言ってカードローンをむやみやたらに契約しないようにしましょう。


グレーゾーン金利はどうなった?

かつて存在したグレーゾーン金利とは、15%~20%→29.2%の範囲の金利設定のことです。
つまり、21%で融資してしまえば、確実にグレーゾーン金利に該当するわけです。
15%~20%という金利は、利息制限法の上限を指しており、10万円未満では20%まで、10万円以上100万円未満では18%まで、100万円以上では15%までと借入額によって上限が異なるため、このような幅が設けられているのです。
現在はグレーゾーン金利が廃止になり、上限金利は利息制限法の15%~20%の範囲内となりました。
そのため、20%を少しでも超えてしまうと違法となり、貸金業者は厳しく処罰されることになります。
mushoku5これは消費者金融のみならず、信販会社、銀行、信用金庫にも該当することです。
ヤミ金と呼ばれる悪徳業者は法外な金利を要求するのが特徴であり、ほぼ間違いなく20%超の金利を設定しています。
もちろん違法であると分かっているので、宣伝するときは違法金利を表記することはありませんが、契約してから法外な金利を要求します。
当初は「誰でも貸します」などと甘い言葉を投げかけており、肝心の金利に関しては触れてこないのです。
金利の記載がある場合でも、3%から融資などというあいまいな表記になっており、この場合は最低が3%であり、最高では何%が適用になるのかまったく分かりません。
金利に関して不明瞭な業者があったら、絶対に借りないようにしてください。
2012年ごろまで話題になっていた過払い金返還請求とは、払いすぎた金利返還を受ける手続きのことです。
つまり、かつてグレーゾーン金利で融資を受けていた分を返還してもらうのです。
これは法的に認められた手続きですので、処理をすれば業者側は返還に応じるしかありません。
ただ、法律家が手続きすれば効果はありますが、債務者自身が手続きをしても弱いのが現状であり、なかなか返還には応じてこないものです。
こうしたリスクを考慮するならば、最初から弁護士に依頼したほうが確実だと言えます。
近年のカードローンにつきましては、グレーゾーンでの融資はいっさい行っておりませんので、過払い金が発生することもありません。
過払い金が発生しているのは、2010年以前に借りていた方です。
貸金業法が改正される前であり、グレーゾーン金利がまだ認められていた時代です。
過払い金返還請求のメリットは、2010年以降までさかのぼって返還請求を行えることにあります。
ローンの時効は10年ですから、10年前まではさかのぼって返還してもらえるのです。
現在のカードローンは20%以下の金利設定になっているので、以前よりもずっと借りやすくなっております。
それゆえに融資率は低くなりましたが、取引上の問題があるか、他社から借りすぎているような場合を除いては融資を受けることができます。
最初に銀行を検討して、融資ができないと言われた場合に消費者金融を検討するのが一般的な流れとなっています。